素人

トビッコメモリー 陽向さつき

トビッコメモリー 陽向さつき

当企画3度目となる福岡遠征です。誌面的には、日本全国まんべんなく周遊するのがよいのでしょうが、福岡の女の子はみなレベルが高く、エロいのでしかたがありません(笑)。それではさっそく、旅の同行者を紹介いたしましょう。福岡市に本社を置く某医療機器メーカーで働く陽向さつきさんは、23歳の新米OL。「バレなければ大丈夫」と同棲している彼の目を盗み、撮影に来てくれたことからもわかるように、たいへんスケベなお姉さんでして、とくにアナルプレイが大好き。17歳の時に付き合っていたオヤジに仕込まれ、今では菊門でしかイケないほどの穴ニストなのです。アナリストじゃないですよ(笑)。今回は、そんな彼女を引き連れて、大宰府天満宮へ行ってきました♪てか、どっちの穴にとびっこ挿れるか悩みましたわー。大宰府天満宮から始まった無限とびっこ地獄がそうとうこたえたのでしょうか、「早くHしたい…」と玄界灘を背に、限界状態であることを半ベソで訴える陽向さん。もう少しでホテルだというのに、ジーンズの上からチンコを触りだし、ベロチューおねだりですから困ったものです(笑)。そんな困ったちゃんが、チェックインして真っ先にしたことは、膣に入っていたとびっこをアナルに挿れ替えてオナニーでした。ローターを菊門でキュッキュと締め上げ、「やっぱりこっちがいい!」とわずか3分でピクピク昇天。それだけではあきたらず、チンコを舐め舐め奉仕しながら、挿れっぱなしのとびっこを指でグリグリ腸の入口まで押し込み、「赤ちゃんの種が欲しいよぉ…」です。そこまで言うなら、遠慮しなくてよかろうもん♪というわけで、膣と肛門にそれぞれ濃厚精子を一発ずつぶっ放し、3度目の福岡旅行は終了したのでした。